Lifecycle

すべてのコンポーネントには、作成される時を開始とし、破棄される時に終了とする ライフサイクル があります。その重要なタイミングにコードを実行できるようにする関数がいくつかあります。

最も頻繁に使用するのは onMount で、これはコンポーネントが最初に DOM にレンダリングされた後に実行されます。以前、レンダリング後に <canvas> 要素を操作する必要があったときに、この話が少し出て来ました。

onMount ハンドラにネットワークからデータを読み込む処理を追加します。

<script>
	import { onMount } from 'svelte';

	let photos = [];

	onMount(async () => {
		const res = await fetch(`https://jsonplaceholder.typicode.com/photos?_limit=20`);
		photos = await res.json();
	});
</script>

このコンポーネントがDOMにレンダリングされた上で遅延して読み込まれるべきデータを、サーバーサイドレンダリング(SSR)中には取得せずに済むように、このfetchを、<script> の最上位ではなく、 onMount の中に入れることが推奨されます。なぜなら、onDestroy以外のライフサイクル関数がSSR中に動作することはないからです。

ライフサイクル関数は、コールバックがコンポーネントのインスタンスにバインドされるように、コンポーネントの初期化中に呼び出されなければなりません。例えば、setTimeout の中で呼び出されてはいけません。

もし onMount コールバックが関数を返す場合、その関数はコンポーネントが破棄されたときに呼び出されます。



		
loading editor...

Console

loading Svelte compiler...


		
loading editor...

Compiler options

result = svelte.compile(source, {
generate:
});


		
loading editor...